オフィス家具レンタルのメリットや故障時の対応について

オフィス家具のトラブル発生時の対応やその予防と設置やサービス利用の有益な情報紹介

オフィス家具レンタルの良さや仕組みを確認しましょう!

レンタル家具の使用を続けると、何らかの故障が起こる可能性は出ます。レンタル料金の中に修理代が含まれていると、追加料金が掛かりません。故障に伴いレンタル家具の交換を行うのも可能で、概ね無料となります。故障しても慌てなくて済むうえ、システムを上手に利用できる会社なら心強さを得られます。

傷の発生など故障した場合でも安心か?

自分で事務所を構えていたりテレワークの用途でレンタルスペースを利用しているなら、オフィス家具の利用は選択肢の1つになるでしょう。自分で家具を購入して設置するのも1つの方法ですが、費用が掛かるうえ契約満了などで事務所やレンタルスペースを離れる際の負担が増す可能性が出ます。

他にもメリットがあり、概ねオフィス家具の利用料の中に修理代が含まれています。通常の利用で傷がついたり、ドアの開閉ができない場合であれば追加費用が掛かりません。ただし、施錠できるオフィス家具で鍵の紛失をしたなら、修理代を徴取されるかもしれません。オフィス家具の強みは他にもあり、人員増減に迅速な対応をしやすいことです。例えば、働くスタッフが退職をした場合、その人が使用したものは要らなくなります。担当者に相談を行い撤去をしてもらえると、片付けの手間が省けます。逆に採用に伴い追加を希望する場合も、迅速に設置してくれると頼れるポイントとなるでしょう。

事務手続き関係では、家具の購入となれば減価償却費などの税務申告やトラブル時の損害保険加入手続きが不要です。いくつかの手続きが要らなくなり、事務仕事が減ります。特に1人若しくは数名で仕事をしている人なら、事務の仕事に要していた時間を別の仕事に充てられます。賢く利用できると、一人ひとりの仕事の能率が増します。

一方、オフィス家具のレンタルは物が限定されてしまいます。拘りがある人は、好みのデザインの家具が見つからないかもしれません。また、長期使用となれば支払い総額が嵩みかねません。各種研究や事前見積もりを行い、自分に合わないシステムと感じた時は違う方法を選びましょう。

故障しないための予防策も立てましょう!

レンタル家具の設置をした場合、無料で交換や修理が可能だとしても借り物として扱いましょう。できるだけ故障を防ぐための予防策を立てるのも欠かせません。上手くできると快適なオフィス使用に繋がり、仕事の能率を高まるのが期待できるでしょう。そこで、いくつかポイントを挙げていきます。

ニーズに合わない場合購入とシェアも選択肢の1つになるでしょう

レンタル家具は人によっては費用負担が抑えられるため、お得に感じられます。しかし、商品が限定されていたり扱いを気にする人はいるかもしれません。レンタル家具以外で、購入やリースを利用するのも有効な手段となります。それぞれの良し悪しの確認を行い、自分に合うシステムを利用しましょう。