オフィス家具のトラブル発生時の対応やその予防と設置やサービス利用の有益な情報紹介

>

ニーズに合わない場合購入とシェアも選択肢の1つになるでしょう

オフィス家具購入の良し悪し

レンタルスペースのような短期間で利用するオフィスでも、オフィス家具のレンタル商品の中には自分の好みに合うものが見つからない時が出ます。購入であれば、自分の好みに合うものを見つけられます。特に新品やアウトレットであれば、問題なく使用できれば、長期間買い替えは不要です。自営業者の場合は減価償却費に回せるので、事務手続きに労力は掛かりますが節税対策を図れます。

一方、不要になった際に処分を必要とするなら別途料金が発生します。知人に家具を売却するのも1つの方法ですが、購入時よりも安い値段で売ると損となります。

デスクや椅子は、新入社員が来たなどの理由で買い足しをする場合、同じものを探していても欠品の可能性はあります。新品を選ぶ際は、その対策も立てると良いかもしれません。

オフィス家具のシェアも選択肢の1つ?

毎月の費用は発生しますが、その期間家具を使用可能なリースのサービスがあります。初期費用が抑えられる以外に、毎月同じ費用が発生するので計算が立てやすいのもポイントです。リースなら、必要な時にオフィス家具の交換が可能なので、内装の模様替えも楽しめるでしょう。保険も費用の中に含まれていると、故障のようなトラブルが起きても安心です。

しかし、リースの場合は自分好みのものがあっても、他の人が利用している時は借りられません。思うようなサービスをスムーズに受けられない可能性は生じます。

会社の移転や人員の変化などの理由でリースの中途解約を希望しても、原則対応できません。少なくても、契約期間の料金は支払うようになります。


この記事をシェアする